2018年11月17日

ツン



ツンツンツンのツン です。

あんねい 初登場・・ 芋焼酎です。

地酒を 仕入れに 行ったのですが 何故だか 芋焼酎をば 握りしめてた・・(ウソデェス)

酒屋さんの 一押し

ついつい 知ったかぶり(?)をするので 知らないもんに 出会うと ん?!っとなり しつこく(?)質問責めに・・

・「市来焼酎ツン」 (いちき焼酎ツン) 鹿児島 いちき串木野 産 。 25度 。 無濾過 。

ラベルに ペタペタと にゃんこの 足跡が・・

ちょっと 甘い香りがします。 個性的・・ お湯割りでも ロックでも

初顔 です。




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 19:28Comments(0)焼酎

2018年09月23日

実りの秋に先駆けて



なぁんでも 焼酎にする 宮崎県! って 言ぅたら おこられるやろか?

でも その チャレンジャーなとこ 大好きです。

以前から気になってた 栗焼酎 仕入れてきました。

ほのかに 栗の あぁまぁい香りがします。

いつも お見えになる 焼酎好きな方から 常に(?) 「新しい 焼酎 入った?」と 多少の キョウハクカンネン(?)を 受け(?ほんとかいなぁ) 毎回 高千穂に伺うたびに キョロキョロと・・

栗焼酎は 確か 四国でも 作られてるはず!と 不確かな記憶・・

お呑みいただき 「いいかもぉ〜」の 感想を いただき ほっ です。




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 19:47Comments(0)焼酎

2018年06月09日

呑んでしもぉたっ



呑んじゃったぁ 泡盛・・

ぃぇ ワタシではなく・・

泡盛の 古酒を 探しまわってたんです。

中々 これっというのを 見つける事ができず・・

やっぱり 本場 沖縄まで 行かんと 無理かいなぁと・・

あったんです

思い描いていたのは 残波の古酒。 でも ザンネン。 古酒で探し当てたのが 久米島 43度。

久米島の方が 地元でも 中々手に入らないとか・・

ふくよかな あまぁい 香りがしました。 (過去形)

焼酎にしても 時間が経つにつれ 熟成されて 旨くなる!と ほんっと 思います。




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 00:29Comments(0)焼酎

2018年04月26日

作ってみた ハイボール



「月夜の梟」と言う 高千穂の とうもろこし焼酎が あります。

長期熟成型で たぶん はなたれ。 度数が 43度あります。

和製(?)バーボン

とうもろこし独特の ちょっと 甘い香りがします。

ふと これで ハイボール 作ったら うまいんでは ないかいなぁ〜〜と

あったりぃ〜〜!

うっまい!!!!

いやがる(?!) 板長や うちの子に 試飲してもらったら いける!と

ワタシも 作った手前 ちびっと 呑んでみたのですが、 ちょっと 良い感じ。

なんか 「月夜の梟」で 作ったハイボール 好きになりそうな 予感・・




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 20:14Comments(0)焼酎

2018年01月06日

いつ?



宮崎の高千穂には 思いもよらぬ お酒を 発見(?)する事があります。

宮崎って 芋はもちろんのこと 米、栗、もち米、とうもろこしと なぁんでも 焼酎に してしまうような・・(言い過ぎか?)

「月夜の 梟」

とうもろこしの焼酎です。 樽で 長期貯蔵された 原酒です。

当然 (?) 度数は 43度!!!

蔵元お勧めの飲み方は ロックや 水割り・・

でもっ ワタシは ワン・ショットのストレートで お飲みいただきたいかなぁ〜〜 チェイサーつきで

なんか ステキ!と思いません?

「オレを酔わせて どーする?」って また言われるかなぁ〜〜 どーもせんってぇ・・




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 19:58Comments(0)焼酎

2017年03月21日

石垣島の 泡盛



泡盛の ニューフェイスです。

石垣島の産です。 なんか 美味しい泡盛が ないもんじゃろか?と うろうろ(?) しちょった時 あるよっと いとも簡単に 出されたのが この 「於茂登(おもと)」

度数が 30度

ワタシは 焼酎にしろ 泡盛にしろ 度数が 高い方が 旨いかなぁ〜と 思っているので まっ いいっかなって・・・(内心ちと度数が 高いかなぁ〜と思わないでもなかったけど)

まだ 封も切っていません 。

酒屋さんを信じて・・・絶対 旨い!って いよんしゃった。

どなたが まず 一番最初に 呑んでくださるのやら・・・ たっのしみぃ〜です。





iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 21:51Comments(0)焼酎

2016年06月05日

高千穂行



今 高千穂から 帰ってまいりました! (途中 食事したりしたもんで)

女子会(おばば ➕ 女子) トークに はなひらき ここは どこ? 状態に おちいり 久しぶりの 所要時間 4時間コース。

素直に 松橋で降りたほうが 早かったかも・・・でも お陰で 人家もなぁもない 山道の 緑の美しさを 楽しむことができました・・・

今回の焼酎の仕入れ!

もち米焼酎です。 創業が 天保二年だそうで 創業時の約束を守る!!ってことかしら? この ネーミング。

約束って言うのは 旨い焼酎造ります!って言う事だと思うんだけど・・・たぶん

バーボンがお好きなら 大丈夫!!と お勧めいたしちょります。

高千穂の 昔ながらの 小さな蔵からの 焼酎です。

帰りは 高森をぬけて グリーンロードを通って帰ったのですが、 深い霧に あたふたし こりゃ 二人じゃなきゃ 身動き取れんかった!!と スリル満点の 道行きでした。




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 23:37Comments(0)焼酎高千穂

2015年09月09日

高千穂 麦焼酎 零



この前に日曜日に 高千穂に 行ってきました!

その時に 仕入れた 麦焼酎 「高千穂 零」です。

以前 8年熟成型の 米焼酎 「うずめの舞」を知っているので もうあと 2年!!熟成させたら どうじゃろ?と言う 話に 高千穂の 酒屋さんと・・・

「瓶 熟成!させたらぁ〜?!」

おぉ〜 その手が あったかぁ?!

オリンピックの年に 開ける!と言ったら、 リオ? 東京? と 板長から 聞かれ はて??

がんゔぁって 東京で 開けることに したいなぁ〜〜〜




iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 19:06Comments(0)焼酎高千穂

2015年08月29日

長野から とうもろこし!!



NHKで 美味しいとうもろこしの 見分け方!! というのを 垣間見て そぉんな とうもろこしに 会いたいなぁ〜って・・・

会えたんですねぇ〜

ご近所さんから 「長野からぁ〜〜」

とうもろこしの ヒゲが 黒くって(真っ黒過ぎてもいけないらしい・・・例によって うろ覚え) フサフサしてると タネ(? 実!) がしっかり つまってるらしい。

当たりぃ! 先っぽまで びっしり! 生で 食べられんかなぁ〜と思ったけど ちょっとそれは ムリだった。

少し お塩を効かせて さっと湯がき・・・とうもろこしご飯と一緒に。もちろん うちの子達の 賄い前 ご飯。

もぎたての とうもろこしは、 夏の終わりを かすかに 感じ ちょっと さみしいような ほっとするような びみょーな 味わい。





iPhoneから送信
  

Posted by あんねい at 00:22Comments(0)焼酎あんねい

2015年08月22日

高千穂酒造 の 麦焼酎 高千穂



高千穂酒造さんから 3年熟成の 麦焼酎 「高千穂 零(れい)」が 送られてきました。

以前 8年熟成の 米焼酎 「うずめの舞」 みたいな 焼酎 できないかなぁ〜って 言いたか放題 言ぅてたんです。

高千穂酒造さんの 言うことにゃ 「しばし 待たれよ! 違う企画が 進行しよるけ〜!」

それが これ!!だったんですねぇ〜

充分な 気合いが 入っちょります。

「高千穂 零」が どんな想いで造られたか?! 冊子から 伝わってきます。

八百万の神さんたちの 話から 高千穂のそこかしこの風景、 神社さん・・・

ページをめくるごとに 見慣れた風景が あらわれます。

中でも 特に 私の 琴線に触れたのが このページ。 黒麹の お話・・・ 働く人(造り手)の まさに 手!!です。

まだ 呑んでません!

熟成型 特有の まったり とろぉっとした 焼酎であることは、想像に難くないのですが・・・

楽しみな 麦焼酎が 9月から 発売されようとしています。







iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 18:59Comments(0)焼酎高千穂

2015年06月08日

日向木挽 20度



昨日の高千穂で お酒 (主に焼酎) 仕入れで 日向木挽の 20度!!

さて どうやって 25度の文化圏(?)のお客さまに お勧めするか?

うぅ〜むぅ〜〜

「露々」(コメ焼酎) も 20度なのですが、 ストレートで 黒ぢょかで お飲みいただちょりますが・・・・

季節がら ぢょかは ちと 暑いかなぁ〜 という事で、 冷蔵庫で丸ごと冷やして ストレートでお飲みいただこうと 思うちょります。

「薩摩 木挽」と 「日向 木挽 」とありますが、 あんねいは 日向木挽です。

「KOBIKI BLUE」と スッキリ夏バージョン。 氷も入れず ストレートっていいかも!です。





iPhoneから送信
  


Posted by あんねい at 20:41Comments(0)焼酎高千穂

2015年03月28日

待ちに待った・・・



年に一回 出荷される 焼酎が・・・・

「八幡」の お兄ちゃん(?) 「はちまん ろかせず」です。

まさに 待ちに待った!と言う気分です。

基本的に 焼酎は 原酒に近い 度数の方が 美味しい!!と思っているので・・・

この 「ろかせず」は、 35度です。

お隣の 「天狗桜」も 35度です。

「ストレートで チェイサー付きで 呑んでみてぇ〜」と言うと えっ?!と言うお顔を されますが、 最後は、納得していただけます。

ただし!! 明日がおやすみ!と言う日に限ってのようですが・・・

旨い!ですよぉ〜 「ろかせず」も 「天狗桜」も・・・・

  


Posted by あんねい at 23:51Comments(0)焼酎

2015年02月19日

待ちにまった・・・



先日の高千穂行の時に、 入荷していなかった もち米焼酎が 送られてきました。

「天保二年の約束」

蔵元の創業が 天保二年!!! 西暦で言うと 1831年・・・・

もち米焼酎を 木製容器に貯蔵した 豊かな芳香と 旨味!とあります。

まぁだ 封を切っていません。

どのような 味なのか?! ちびっと 想像はついているのですが・・ 楽しみな 焼酎です!


  


Posted by あんねい at 23:12Comments(0)焼酎高千穂

2014年11月09日

高千穂 行!



高千穂に 行ってきました。 高千穂 初めて!と言う方々をお連れしました。

朝の 市民マラソンの 交通規制の 深読み(めったにない!) し過ぎて 替えって時間を 高速のるまでに とられてしまった!という 大失態(いつものことか・・)をしながらの スタートで 珍道中の予感でした・・・

ずいぶん高千穂に 伺ってるのに、 高千穂峡には ほとんど行ったことがなく、 ご案内したり 観光客気分を味わいました。

そして いつものように 高千穂にしかない 焼酎の仕入れをば・・・・

・「日向 古秘」 宮崎県 綾町 産 。 県外には、基本的には 流通していません。

・「一睡の夢」 宮崎県 日南 産 。県内唯一の 土蔵造りの醸造蔵で 甕仕込み。 (福岡では 多分、 あんねいだけじゃないかしらん?)

高千穂の 旨い焼酎を!! お飲みいただくと 嬉しいです。


  


Posted by あんねい at 20:03Comments(0)焼酎

2013年12月25日

高千穂の 麦焼酎!



先日の 高千穂で 見つけた 麦焼酎 です。

例によって 根掘り葉掘り どんな焼酎じゃ?! と・・・・ しかも 「 日向 古秘」に 対して 「古稀(こき)」と 連呼するしまつ・・・・

正しくは 「あや こまれ」 と 呼ぶそうな・・・ えぇっ?! 「 こき」と 普通 読まんのかいなぁ・・・と ひとしきり ぶつぶつ。

麦 特有の やさしい香り。 「 昔っからの 麦!と 思ってぇ〜」 だそうな・・・

ワタシの 怪しげな(?)説明よりも まずは、 ひと口!と言う ところでしょうか?

  


Posted by あんねい at 15:20Comments(0)焼酎

2013年11月26日

ぢょか!




さぁむくなって来ると 必然的に あったかいもんを 食べたいし、 あったかいもんを 呑みたくなります。

お燗番デビュー(?) してから、 割りと お燗酒を ご所望いただくことが 多くなりました。

じゃぁ お燗は 日本酒だけで 焼酎は、 お湯割りだけか? と 問われると いんや!です。 ぢょか を ご注文ことが 結構増えてくるのです・・・

ぢょかは お湯割りと 全く違う!! と言うことを 最近 深く 認識(?) しちょります。 中でも 高千穂の 米焼酎 「露々 20度」は ストレートで ぢょかにすると 最高です。

ほんっと 段々 お燗で! の 旨さが 実感できる 季節に なってきています。  


Posted by あんねい at 22:18Comments(0)焼酎

2013年04月25日

隠し焼酎




鹿児島の 祁答院の 「野海棠」 が 手に入りました。

木桶仕込み、木樽蒸留・・・ 確か 記憶が 定かであれば 木桶での 焼酎の製造は とても むつかしいと 聞いたことがあります。

でも 出来上がった焼酎は とても柔らかくって 美味しい!!と・・・・ 隠し酒で こっそり 置いています。
  


Posted by あんねい at 19:47Comments(0)焼酎

2013年04月23日

長洲 蒸留蔵 麦焼酎 「久保」




朝の仕入れを済ませて 田舎(宇佐) の 母の見舞いに・・・ 急に思い立ったので 取るものもとりあえず・・・で。

例によって 往復 ノンストップで 約 5時間の 運転・・・ しかも 夕方までには あんねいに 帰りつきたかったので 母のところに 30分。 兄のところに 40分! と なにしに 帰ってきたの?的状態です。

夕方に 帰りつきたかった理由は なんと 長洲(宇佐) の 焼酎蔵の 久保さんが ご予約いただいており その時に 「久保」 一升瓶を 提げて来てくださるよう お願いしてたんです。

それなのに とうの本人は 宇佐に いる!という わっけわからん状態・・・ またまた 穴があったら・・の世界です。

おまけに 宇佐と言ったら とりの 唐揚げ!でしょう!とばかり 唐揚げと なんこつを 各 200gずつ 買い込み 博多についた時は 400gもの 鶏肉を 食べ上げちょった!と言う 快挙(?!) を やり遂げました。

当分 鶏肉は いいです・・・

帰り着いて 久保さんから 一升瓶 受け取りました。 重いのに 申し訳ない・・・ 無濾過に近いので 麦の旨味が残っています。 福岡は 中々 手強いんです!と言う 久保さんに ガンバレエールです。

三年熟成の 麦焼酎。 旨いと 思います。  


Posted by あんねい at 22:25Comments(0)焼酎

2012年07月20日

薩摩(いも) の 皇帝 「侍士の門」




初めての 鹿児島の いも焼酎 手に 入れました。

薩摩(いも) の 皇帝 侍士(さむらい) の 門 とあります。

日本酒にしても そうですが 一つの村に 一つの 酒蔵! と 言われております。 北の ほうに のぼれば きいたことも 飲んだこともない 日本酒があり 南の方では まだまだ 知らない焼酎蔵が・・・・

当然 まだ 試飲は しておりません どんなお味か ちょっと わくわくします。 まぁ うちの子に 言わせると ワタシが とやかく 言わんでも 分かるお酒だそうな・・・
  
タグ :侍士の門


Posted by あんねい at 22:34Comments(0)焼酎

2012年02月07日

古酒作り 挫折の巻き!



石垣島の 請福 (泡盛) で あんねい 自家製の 古酒 を 作ろうとしたんです。

直火泡盛 請福 43度

直接 古酒について お話を 蔵元から 伺い さぁ 作るぞぉ~!と 張り切ったのが 約 2年前・・・

請福の古酒 大好き!! と おっしゃるお客様に お味チェックを 時どぉき してもらいながら・・・

でも でもですよぉ!? キッチン前の カウンターに 壷 おいてるものですから 天使の分け前 と ちょっと味見!の お客さま分で 何時の間にやら どこ 行っちゃったの?! の世界・・・

挫折感に さいなまされて おりまするぅ~
  


Posted by あんねい at 23:53Comments(0)焼酎